電話代行サービス利用の注意点

電話代行サービスでは様々な業務が提供されていることにより、多くの企業がコスト削減のために利用しています。

特に自社でのカスタマーサービスにおける教育コストがかかるようなテレマーケティングや、営業支援となるテレアポは人気のサービスのひとつとなります。
このような業績に直結するような業務の場合には、いかに費用対効果を高めるかがポイントとなります。


そこで注意したいのが、どのような料金体制のものを選ぶかということです。


電話代行サービスでの料金には、発信件数によって加算されていくタイプと、成果報酬によるタイプとに分かれます。

一見すると成果報酬の方が無駄なコストは掛けずに済むように思われます。

発信数に応じて加算される場合には、それに対する成果が多いか少ないかによって費用対効果は増減することになるからです。

livedoorニュースの情報を得られます。

また、業務に取り掛かる上でのモチベーションも異なるものです。電話代行サービス内におけるスタッフへの報酬も成果連動型であれば、より多くの収入を得ることが可能となります。
ただしその一方で、成果報酬のタイプであれば、月によって電話代行サービスへの支払い額が異なることになります。
この場合、経営戦略を立てる上での資金計算を難しくする可能性が高くなるわけです。

このような点に考慮した上で、どのような料金プランを選べば良いのかという話になってくるわけです。



また電話代行スタッフへの情報公開に関しても、個人情報の扱いには十分に注意することが大切です。




Copyright (C) 2016 電話代行サービス利用の注意点 All Rights Reserved.