電話代行はフリーランスにとって必要

フリーランスになってすぐに人を雇用できるほど経営状態がいい形でスタートすることは難しいです。


配偶者を電話番やコールセンターがわりに専業従事者として使うことも可能ですが、必ずしも上手くいくばかりでなく、協力が得られるとは限りません。そこで事業の開始から利用したいのは、電話代行です。

フリーランスはどうしても事業のマネージメントだけでなく、現場作業員として働くこともしばしありますので、お客様から電話に出れない、取れないことも多いので、かわって電話の取次ぎ、用件の伝言のあずかりだけでなく、コールセンターのように注文の受付など業務をこなしてくれる営業事務の人手を置けない事業者には意義あるサービスです。



費用も人を雇用するようりもかなり安く、月額1万円の会社もあります。

こうした電話代行の業者は、SOHO用のスモールオフィスのレンタルも行っていることもあり、事業を立ち上げる際に最初のオフィス環境の整備のコンサルティングも引き受けてくれます。

NAVERまとめに関してわかりやすく説明しております。

また最近この電話代行で面白い業務は、クレーム対応も代行してくれるサービスもあります。



クレーム対応は長引けば本業の時間のロスだけでなく、誤った対応をすると事業そのもの継続が危ぶまれますので、初動の対応が重要です。

このサービスは、女性スタッフの丁寧なお詫びをサービスの核にして、コールセンター苦情処理の経験豊富なスタッフが対応するので安心して任せられます。がしかしオプションのサービスですので費用が少し掛かりますが、うまく活用すればビジネスが円滑に進みますのでいいサービスです。

Copyright (C) 2016 電話代行はフリーランスにとって必要 All Rights Reserved.